Shopping Cart
Regular price ¥990
スタイル シングルホップIPA
アルコール度数(ALC) 7.0
苦味指数(IBU*) 70
使用ホップ モツエカホップ
使用モルト 2-row
Munich
Bairds Carastan
Crystal
生産州 California
グレッグ

グレッグ

Hermitage Brewing Company ヘッドブルワー

(*Scroll down for English)
ニュージーランドのホップで必ず名前の上がるのがこのモツエカホップだ。

ニュージーランドのホップと様々な種類の配合を経て辿り着いたホップなだけに南半球のホップの特徴が色濃く浮き出る反面とても他の原料との相性がいい。

生産者のメモ書きにはモヒートのようなライムにわずかなレモンの皮、トロピカルフルーツの風味と書いてあった。加えて青りんごやグリーンペッパー、ネーブルオレンジの風味と爽やかな苦味も感じることができる。

モツエカホップはアルファ酸は6-8%とそこまで高くないのだが、しっかりとアピールされた南半球のホップの美味しさにファンも多いシングルホップIPAシリーズだ。

Motueka hops, named for “The Island of Weka” in New Zealand where they are cultivated, are a genetic cross between a product of New Zealand’s breeding program and Nobel Czech Saaz.

This makes it an incredibly versatile, all around hop with distinct southern hemisphere character. Grower’s notes mention “Mojito” lime, with hints of lemon zest and soft tropical fruit. We also got flavors of green apple, green pepper, under ripe navel orange and a pleasant bitterness.

Motueka only comes in at about 6-8% alpha acid (low by today’s standards), but still manages to explode with all of the delicious complexity we have come to love in other southern hemisphere varities.

IPAの他のビール