【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:TRICERAHOPS DOUBLE IPA

2016年7月07日

【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:TRICERAHOPS DOUBLE IPA

TRICERAHOPS DOUBLE IPA

ABV:8.0%

IBU:84

保存適温度:712℃(華氏 4454℉)

製造元:NINKASI BREWING COMPANY

産地:オレゴン州

*Alcohol By Volume/アルコール度数

*International Bitterness Units/国際苦味単位

今回ご紹介するのはアメリカのクラフトビールのメッカ、オレゴン州のブルワリー!その名もNINKASI BREWING COMPANY(ニンカシブリューイングカンパニー)。

ポートランド地区には50を超えるブルワリーがひしめき合うオレゴン州!石を投げればブルワリーに当たるようなブルワリー密度ムンムンの地域です!

そんなムンムンの中でも特に有名なニンカシ社。ここカリフォルニアでもどこのスーパーに行こうがほぼ間違いなく置いてあります。

このブルワリーでビールを造るのはJamie Floydさん(左)。

NINKASI BREWING COMPANY ニンカシブリューイングカンパニー

写真引用:http://www.ninkasibrewing.com/about/about-us.html?ageVerified=defaultValue

かつてSteelhead Brewingで働いていたFloydさん。NINKASI BREWING COMPANYを開くためにそこを去ることを決意します。

その時から決めていたNINKASI BREWING COMPANYでまず造りたかったクラフトビールこそダブルIPAだったとのこと。

以前勤務していたブルワリー、Steelhead Brewingで彼が手がけたダブルIPA、「Hopasaurus Rex(ホパザウルス レックス)」は史上初、Great American Beer Festivalで初めてメダルを獲得したダブルIPAだったこともあり、ダブルIPAを造らせれば屈指のブルワーと言えるでしょう。

そして出来上がったニンカシ社のダブルIPAこそ今回レビューするダブルIPA「TRICERAHOPS DOUBLE IPA(トリケラホップス ダブルIPA)」

お気づきの通り、恐竜の名前をオヤジギャグ風にホップと掛け、ネーミングに盛り込んでいる遊び心たっぷりのFloydさんなんです!

本人はトランスフォーマーのオプティマス プライムに掛けて、Hoptimus Prime(ホプティマス プライム)と命名したかったのですが、すでに他のブルワリーに使われていたとのこと。(これはこれで飲んでみたい。)

また、ニンカシ社のタップハンドルを造っている大親友がアーティストであり、彼の芸術活動の名前もTriceratops(トリケラトプス)だったことも理由の一つにあると言われています。

NINKASI BREWING COMPANY ニンカシブリューイングカンパニー

キャップ:

ロゴがポチっとあります。特に異常なし。

見た目の色:

くすみの掛かった黄金色。泡の色は真っ白で滑らか。


飲んだ感想:

シトラスとパインのアロマがほんのりとした甘みと絶妙にマッチ。ダブルIPAなのでホップの含有量やアルコール度数もそれなりに多いのですが、見事なバランスがとれており全く気になりません。

口当たりもびっくりするほど滑らかです。飲み終わった後口の周りに泡が残る感じがまたなんとも言えません。余談ですがFloydさんの言うこのビールの非公式の別名は「Sleepytime(おやすみの時間)」。

その名の通り飲んでいると座っている椅子がもの凄く快適に感じてきて、だんだん眠くなってしまうんだとか。オレゴン州に行った際は是非行ってみて下さいね!

その他アメリカのクラフトビールに関するブログも是非読んでみて下さい!




コメントする

コメントはすぐに反映されます。


Blog内のブログ

クラフトビール ニューヨーク アザーハーフ
ブルワリー訪問ブログ Vol.8-2 in ニューヨーク:Other Half Brewing

2020年7月27日

ニューヨーク、ブルックリンの代表ブルワリー、アザーハーフにまたまた行ってきました!アザーハーフへは東京駅から12時間55分で行くことが出来ます!DDH(ダブルドライホップ)を堪能!気になるアザーハーフの設備も大公開です!

さらに見る

クラフトビール 醸造設備 スパイク
【スパイク】1 BBLターンキー解説ブログ!!/Spike Brewing 1 BBL Nano Pilot Brewing System

2020年7月19日

Blichmannの革新性やホームブルワーの心をくすぐるSSBのプロ志向性といった華やかさはないが、Spikeのモノづくりはどこまでもユーザー目線に立った質実剛健かつ実用的なもの。今回はその詳細に迫る!!

さらに見る

溶存酸素 カニング 缶詰め クラフトビール
【図解】今話題の溶存酸素とは/What's All The Fuss About Dissolved Oxygen

2020年5月26日

ビールが一つの容器から他の容器に移動する際には必ず酸素と接します。この溶存酸素量はクラフトビールの品質に直結するブルワリーには決して無視してはいけない指標です。今回はそんなDOについて図解で学んでみましょう!

さらに見る