【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:BLUEBERRY OATMEAL STOUT

2016年5月26日

【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:BLUEBERRY OATMEAL STOUT

BLUEBERRY OATMEAL STOUT

ABV:7.5%

IBU:40

製造元:Buffalo Bill’s Brewery

産地:カリフォルニア州

*Alcohol By Volume/アルコール度数

*International Bitterness Units/国際苦味単位

続いてご紹介するクラフトビールはこちらBuffalo Bill’s Brewery(バッファロー・ビルズ・ブルワリー)のBLUEBERRY OATMEAL STOUT(ブルーベリーオートミールスタウト)。

もうそのネーミングから飲んでみたいって思うこのブルワリー。カリフォルニア州のHayward(ヘイワード)に1983年に設立されました。

アメリカでもかなり古い方のブルーパブとして知られ、今では無数にあるアメリカのマイクロブルワリーの先駆者としても知られることから”時代を切り開くブルワリー”との愛称もあわせ持つ。

何を隠そう大阪でクラフトビールバーを経営する友人の元修行先のこのブルワリー。

大阪にお越しの際は是非寄ってあげて下さい。宣伝すみません。笑

TNT Craft Beer Pub & Bottle Shop

同社を有名にしたのはその歴史だけではない。パンプキンエールも造っており、なんとそれがアメリカ史上初のパンプキンエールと言われている。ラベルにも「アメリカ初のパンプキンエール」としっかり表記されている。(※諸説あり)

「だったらそのパンプキンエールレビューしろや」って声にはそのうちお答えします。笑

クラフトビールレビュー

写真引用:http://drinks.seriouseats.com/2011/10/homebrewing-pumpkin-ale-how-to-make-pumpkin-beer.html

かなり波乱万丈の歴史を抱えているブルワリーなのですが実際に自分の足でブルワリーを訪れてインタビューする時までそのお話はとっておきます。

と、いうわけでさっそく飲んでみます!

クラフトビールレビュー

キャップ:

バッファローの顔面。もうこれは社名のまんまパターンです。

見た目の色:

ダークブラウン。(こげ茶色)

飲んだ感想:

何と言ってもオートミールとブルーベリーの相性が抜群に生きているクラフトビール。実は冬季限定なのですが7.5%と少し高めのアルコールが身体を温めてくれること間違いなし!

チョコレートの味わいもかすかに感じることが出来るほか、口の中でまろやかに交わるブルーベリーの甘さやローストの香ばしい味わいなど、飲んでいてとっても楽しいクラフトビールです。

ビール好きの中でも新しい物好きには是非飲んで頂きたいビール!高めのアルコールも上手に隠れています!

その他アメリカのクラフトビールに関するブログも是非読んでみて下さい!




コメントする

コメントはすぐに反映されます。


Blog内のブログ

クラフトビール ニューヨーク アザーハーフ
ブルワリー訪問ブログ Vol.8-2 in ニューヨーク:Other Half Brewing

2020年7月27日

ニューヨーク、ブルックリンの代表ブルワリー、アザーハーフにまたまた行ってきました!アザーハーフへは東京駅から12時間55分で行くことが出来ます!DDH(ダブルドライホップ)を堪能!気になるアザーハーフの設備も大公開です!

さらに見る

クラフトビール 醸造設備 スパイク
【スパイク】1 BBLターンキー解説ブログ!!/Spike Brewing 1 BBL Nano Pilot Brewing System

2020年7月19日

Blichmannの革新性やホームブルワーの心をくすぐるSSBのプロ志向性といった華やかさはないが、Spikeのモノづくりはどこまでもユーザー目線に立った質実剛健かつ実用的なもの。今回はその詳細に迫る!!

さらに見る

溶存酸素 カニング 缶詰め クラフトビール
【図解】今話題の溶存酸素とは/What's All The Fuss About Dissolved Oxygen

2020年5月26日

ビールが一つの容器から他の容器に移動する際には必ず酸素と接します。この溶存酸素量はクラフトビールの品質に直結するブルワリーには決して無視してはいけない指標です。今回はそんなDOについて図解で学んでみましょう!

さらに見る