【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:DRAKE'S IPA

2016年2月21日

【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:DRAKE'S IPA

DRAKE'S IPA

ABV:7%

IBU:65

保存適温度: 10℃(華氏50℉)

製造元:Drake’s Brewing Company

産地:カリフォルニア州

*Alcohol By Volume/アルコール度数

*International Bitterness Units/国際苦味単位

 

 

カウボーイクラフトの眞壁です。

2016年2月、アメリカはカリフォルニア州のサンノゼに到着。

 

右を見てもエンジニア、左を見てもエンジニア、スタバの店内のMac PC持ち込み率が80%を余裕で超えてそうなこの地域はそう俗に言う、シリコンバレーである。

 

もはやスマホが身体の一部になっているようなITの猛者達が日々しのぎを削り合っている。

 

まだ時差ボケで頭が痛い中、冷蔵庫を開けると最初に目に飛び込んできたのがこのクラフトビール、DRAKE’S IPA(ドレークズアイピーエー)

 

 

『ド、ドレークさんのアイピーエーだと!?』

 

 

とっさにアメリカ留学時代の友人の顔が一瞬頭に浮かんだがここはアメリカ、ドレークという名前の男はきっとビールの泡の数ほどいるだろう。

 

そんなアホなことを考えながらも、とりあえず日本では見たことがなかったのでブログに書いて日本の皆様にお伝えしようと思う。

 

『そもそもドレークって誰やねん!』

そう思ったあなたのために説明しよう!醸造元ブルワリーのDrakes Brewing Companyの歴史は古く、Rogers Lind(ロジャーさん)という方が設立した”Lind Brewing Company”が元の会社にあたる。

 

その当時の会社が造っていたビールの、ロゴマークに使っていたゴールデン・ハインドというイギリスの私掠船の船長的存在こそフランシス・ドレークなのである。

ゴールデンハインド号

ロジャーさんの親族の経営するコーヒー販売会社が1999年にLind Brewing Companyを買収して社名を改名した際、Drakes Brewing Companyって社名になったんだとさ。

 

ってことでドレークとは歴史溢れるイギリスの船の船長的存在の人のことでした。

 

ラベルの見た目:

のどかなブルワリーの風景。飛んでいる鳥は小学生の国語の時間に読んだ「大造じいさんとガン」を私に思い出させる。

 

例のイギリスの船である、ゴールデン・ハインド号のロゴは同社のジョッキには使われているがこのボトルには使われていないようだ。

 

青、赤、白と意図してかアメリカの国旗の色が使われていてどこか目に優しい。

カウボーイクラフト

キャップ:

“D”のマーク入りのガチョウかアヒルかの開き。

 

色:

少し曇りかかった深いアンバーゴールドカラー。ようするに茶色。

 

飲んだ感想:

シトラス、グレープフルーツなどハーブ系のホップが使われていて、かなりホッピーで香り高い。後味に酸味がほんのり残り全体的にバランスがとれている印象。

 

時差ボケ中の人にもおすすめのIPAです!(ビールの味を活字で説明するのって意外と難しい笑。)

 

この他のアメリカのビールに関するブログも是非お読みください!



コメントする

コメントはすぐに反映されます。


Blog内のブログ

GOSLING

2021年7月10日

さらに見る

クラフトビール 缶充填 Wild Goose Filling カウボーイクラフト
【ブルワー必読】Kickin’ out the DO/缶充填現場のDO増加ポイントと対策方法

2020年11月09日 コメント:1

今回はWild Goose Filling社が2020年CBC(Craft Beer Conference)にて全米のブルワー、出展企業向けに開催した缶充填におけるDOコントロールのポイントに関するWebinarの内容をお伝えする。

さらに見る

ワイルドグース 缶 充填機 クラフトビール
【ブルワー必読】Just “DO” it!/溶存酸素とクラフトビールの缶充填

2020年11月08日 コメント:1

アメリカのクラフトビールシーンでは5年くらい前までビン・缶の比率が9”1ぐらいだったものが、今ではそれが逆転。3:7か2:8かというレベルまで来ている。アメリカ製缶充填機の台頭の背景を一挙ブログ解説。Wild Goose Fillingの溶存酸素対策機能にも迫る。

さらに見る