【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:SHARKINATOR WHITE IPA

2016年3月03日

【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:SHARKINATOR WHITE IPA

SHARKINATOR WHITE IPA

ABV:4.8%

IBU:40

製造元:Lost Coast Brewery

産地:カリフォルニア州

*Alcohol By Volume/アルコール度数

*International Bitterness Units/国際苦味単位

日本でも手に入るお馴染みのアメリカンクラフトビール:シャーキネーターホワイトIPA

『もっと珍しいアメリカのクラフトビールをブログに書けよ!』というご意見もあるでしょうが、こちとらすでに日本が懐かしいんでついつい見たことあるやつを買っちゃいます。

今後は東京でも見かけられないような珍しいクラフトビールのレビューを心掛けるので勘弁してねん♪

まず驚いたのはその価格。アメリカは安い。

食品スーパーで買っても330mlの瓶1120円くらいで買えちゃいます。

カリフォルニアのシリコンバレー/ベイエリアは1Kの間取りでも家賃が月25万を余裕で超えるにもかかわらず、クラフトビールはお財布に優しい。

さて、本題に戻ります。

このシャーキネーターホワイトIPA、ロスト・コースト・ブルワリーのIPAの代表作。

ロスト・コースト・ブルワリーの歴史を軽く解説すると、1人の薬剤師の女性に辿り着きます。

その女性こそ、Barbara Groom(バーバラ・グルーム)さん。

どこか大阪のおばちゃんっぽさを感じるのは私だけだろうか。

「飴ちゃん食べる?」と今にも聞いてきそうな風貌である。

クラフトビールブログ

彼女が1986年に抱いた、「*ブルーパブ開くには何が必要やねん?」という疑問から話は急展開していきます。

※ブルーパブ:お店と同じ場所でビールを造り提供する形態の店舗

試行錯誤を繰り返し、自家製ビールを造りまくること数年、勉強もいっぱいしてついに1989年、築100年の建物を購入、そして改造!

翌年Lost Coast Breweryを設立します。

あっと言う間に夢が現実となりました♪

・・・

・・

 

バーバラさん・・・すげぇ。

 

薬剤師として日頃から色々混ぜ混ぜしてると「あれ?私、きっとビールも造れるわ!」って思えてくるんでしょうね!

年間平均して13℃というフンボルト湾の気候もそのビールのクオリティーを後押ししてるとか。

みるみるうちに成長して、2015年には全米43位の大きさのブルワリーに成長。

カナダ、プエルトリコ、オーストラリア、コスタリカ、韓国、香港、フランスにも輸出販売!積極的に海外展開している大人気ブルワリーです。

・・・・いい加減シャーキネーターホワイトIPAのレビューですが、

 

ラベルの見た目:

同社のWitbierスタイルのクラフトビールのグレートホワイト(意味:ホオジロザメ)を、ドライホッピングして出来上がったのがこのシャーキネーターホワイトIPA”なだけにサメの絵柄はそのまま踏襲。

 

こんな感じで機械仕掛けのサメがラベルになっています。 こんなサメに海で遭遇したらこっちがカマボコにされちゃうね!

クラフトビールブログ

キャップ:

カリフォルニアのユーレカ市の風景と思われます。黄金色で渋さが漂う、ロゴ入りのキャップ

 

見た目の色:

黄金色

 

飲んだ感想:

カスケード、クリスタル、チヌーク、シトラでドライホッピングしたIPAとのこと。

俗に言うC系アメリカン柑橘系ホップ?ややこしい話は置いておいて飲んだ感想はシトラスの芳醇の香りがすっきりと抜け、爽やかな味。

ほんのりとフルーティな味で後味はすっきりって感じでした。結構日本でもボトルで販売しているバーやレストランはあると思うので是非挑戦してみて下さい!おすすめです!

写真引用:http://www.lostcoast.com/main.php

◆ロスト・コースト・ブルワリーのツアースケジュール◆

金曜日~日曜日:12pm, 1pm, 2pm, 3pm, 4pm

日本語通訳同行のご依頼も承っております♪

ご希望の方はお問い合わせよりご連絡お待ちしております!


その他アメリカのクラフトビールに関するブログも是非読んでみて下さい!



コメントする

コメントはすぐに反映されます。


Blog内のブログ

クラフトビール ニューヨーク アザーハーフ
ブルワリー訪問ブログ Vol.8-2 in ニューヨーク:Other Half Brewing

2020年7月27日

ニューヨーク、ブルックリンの代表ブルワリー、アザーハーフにまたまた行ってきました!アザーハーフへは東京駅から12時間55分で行くことが出来ます!DDH(ダブルドライホップ)を堪能!気になるアザーハーフの設備も大公開です!

さらに見る

クラフトビール 醸造設備 スパイク
【スパイク】1 BBLターンキー解説ブログ!!/Spike Brewing 1 BBL Nano Pilot Brewing System

2020年7月19日

Blichmannの革新性やホームブルワーの心をくすぐるSSBのプロ志向性といった華やかさはないが、Spikeのモノづくりはどこまでもユーザー目線に立った質実剛健かつ実用的なもの。今回はその詳細に迫る!!

さらに見る

溶存酸素 カニング 缶詰め クラフトビール
【図解】今話題の溶存酸素とは/What's All The Fuss About Dissolved Oxygen

2020年5月26日

ビールが一つの容器から他の容器に移動する際には必ず酸素と接します。この溶存酸素量はクラフトビールの品質に直結するブルワリーには決して無視してはいけない指標です。今回はそんなDOについて図解で学んでみましょう!

さらに見る