Shopping Cart

【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:ACME CALIFORNIA IPA

Posted by Akira Makabe on

【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:ACME CALIFORNIA IPA

ACME CARIFORNIA IPA

ABV:6.9% 

IBU:55

製造元:North Coast Brewing Co.

産地:カリフォルニア州

*Alcohol By Volume/アルコール度数

*International Bitterness Units/国際苦味単位

 

 

カウボーイクラフトの眞壁です。

2時間待たされた運転免許の実技試験を開始5分で落とされました。

 

クリティカルエラー(重大な交通違反)をしたとのことですが家路に就いた今でもいまいち原因がわかりません。・・・まぁいっか♪

 

そんなこんなで今回ご紹介するのはコチラ!

アメリカの大クラフトビールブーム時代の火付け役の一人といっても過言ではないこのノースコーストブルーイング!

 

その歴史はカリフォルニアのフォートブラッグ市にあるブルーパブから始まりました。ちなみにフォートブラッグ市は岩手県の大槌町と姉妹都市関係なのですが、その姉妹都市になるに至ったきっかけが何とも深いいお話です。

ここから思いっ切り脱線します。

 

幼い頃に漁船の事故で父を亡くした大槌町のある男性。

 

彼は子どもの頃よく崖の上に座って海を眺めては亡き父親の姿を探していました。

 

そんな彼が大人になってから、海の向こうには何があるのだろうと思い巡らすようになりました。

 

地図上に太平洋を横切る線を引いてみると、大槌町と全く同じ緯度にフォートブラッグという町があることが分かりました。2001年、彼はフォートブラッグ市長に連絡を取り、ついには大槌町に市長を招待することに。

 

その後、相互交流が始まり、2005年にフォートブラッグ市と大槌町は正式に姉妹都市となりました。

クラフトビール

・・・

・・

クラフトビール全然関係ないけど、いい話ですね。

 

話は戻り、ノースコーストブルーイングは1人の男によりメキメキとその存在感を拡大させていきます。

 

Mark Ruedrich

 

・・・マーク、ルェd・・・苗字はこれ、なんて読むんでしょう。笑 

クラフトビールブログ

とにかくそのマークさん、70年代にイギリスでエールビールの販売促進運動を目撃し、一気に稲妻に打たれます。

 

イギリスのビール醸造文化はマークさんの心を鷲掴みにし、どんどんのめり込んでいったマークさんは1988年にノースコーストブルーイングをオープンさせました!

 

飛ぶ鳥も落とす勢いで人気を博し、今ではなんと国内外のコンペティションを合わせて70以上の賞を獲得する総嘗めっぷり。もう自信が顔から滲み出ているのが見て取れます。

 

だいぶハードルが上がったところで、ACME California IPAのレビューにうつります!

ラベルの見た目:

一度見たら夢にまで出てきそうな赤が印象的なラベル。右手にビール、左手にロープを握りしめ、満面の笑みを浮かべる女性が背景の赤にやたら映える。

 

何故か全身金色。かなりHIGHな表情ではあるがなぜか幸せな気持ちになってくる。

クラフトビール

キャップ:

特徴的な「A」のロゴが全体にごり押しされているデザイン

 

見た目の色:

銅色

 

飲んだ感想:

一口飲んだ瞬間にきりりとした柑橘系の苦味と甘味が口の中に広がる。

 

口当たりは滑らかだがそのまま苦味が最後までかすかに残るIPA6.9%と決して弱いアルコール度数ではないのだが香り高いアロマのおかげか、かなり飲みやすくジューシーな味わい。

 

強烈なラベルとは裏腹にバランスがとれたおいしいクラフトビール。女性にも人気のおすすめの一品です!

写真:http://www.californiacraftbeer.com/summit-participant/mark-ruedrich/  

その他アメリカのクラフトビールに関するブログも是非読んでみて下さい!


Older Post Newer Post


0 comments


Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published