ブルワリー訪問ブログ Vol.1 in ニューヨーク:Chelsea Craft Brewing Company

2016年3月09日

ブルワリー訪問ブログ Vol.1 in ニューヨーク:Chelsea Craft Brewing Company

Chelsea Craft Brewing Company

address 463 East 173rd Street, Bronx, New York Between Washington and Park Avenues
access 174-175 st Station (地下鉄B線、D線)
website http://chelseacraftbrewing.com/
business hours 水曜~木曜:12:00~20:00
金曜~土曜:12:00~22:00
   日曜:12:00~20:00

※各SNSではここで紹介しきれなかった写真もいっぱいアップしてますので是非チェックしてみて下さい!
アメリカのクラフトビールの最新情報も随時更新しています!

 

 

日本には西海岸のクラフトビールは多く進出していますが東海岸のクラフトビールって実はあんまり出ていません。

というわけで仕入れ交渉を兼ね、4日間でニューヨークのマイクロブルワリーを周れるだけ周り、東海岸のクラフトビールを堪能してまいりました!

各SNSではここで紹介しきれなかった写真もいっぱいアップしてますので是非チェックしてみて下さい!

アメリカのクラフトビールの最新情報も随時更新しています!

 

174-175 st Station から歩くこと約10分、落書きのレベルを遥かに超えた、もはや壁画の近くにChelsea Craft Brewing Companyはあります。

 

アメリカ感半端ないです。留学の時よく来てたけどやっぱニューヨークすげぇ。

 

(これもしかして描いてあるのブルーマン?↓)

Chelsea Craft Brewing Company

そして、外観はこんな感じです。まるで横浜の赤レンガ倉庫を彷彿させます。

 

建物の大きさからみると入口はかなりチョコンとしています。「これ裏口だろ」って思わず突っ込みたくなります。

 

かなり見落としがちですがこのブログの写真があれば大丈夫ですね。

 

*後から判明しましたが横のシャッターが開く仕組みでした笑

Chelsea Craft Brewing Company

さっそく中に入るとかなり開放的な空間。そしてホップと麦のいい香り。

 

長旅の疲れが報われた瞬間です。

 

タップルームのバーカウンターとその後ろにそびえ立つ設備が目に飛び込んできます。黄色で統一したニューヨークのタクシーカラー。

 

かなりいかしたタップルームです。 そしてデカイ。いい匂い。デカイ。黄色い。

Chelsea Craft Brewing Company

Director of Brewery OperationPat Greene(パットグリーン)さんがお出迎え。

 

さっそくお話を聞かせて頂きました!

Akira_CowboyCraft

お忙しい中お時間頂きありがとうございます!今日はよろしくお願いします!

 

Pat_ChelseaCraftBrewingCompany

よく来たな!まぁ座ってくれ。遥々ご苦労!まずは少し俺たちの歴史について話そうか。

まず1991年に小さなブルーパブを開いたのさ。1995年にプロダクションブルワリーをマンハッタンのチェルシーにオープンさせた。

自分達でビール造り、配達から何から何までやって、忙しくしていたさ。

まぁ、そこでニューヨークでの俺たちのビールブランドが確立したってっわけよ。

 

(さらっと言うPatさん。しかし、想像を絶する苦労がそこにはあったに違いない。)

 

Pat_ChelseaCraftBrewingCompany

ニューヨーク市内だけでも400ケグ販売するまで上り詰めた。そこからマンハッタンの家賃がめちゃめちゃ高くなってちまったんだ。

拠点をチェルシーからここブロンクスに移したわけだが、この広さなら今後20年で更なる多角化に向けて色々なことにチャレンジできる。

ドラフトビールだけでなく缶の販売も近々着手予定だ。

 

Akira_CowboyCraft

確かに入口のドアからは想像もつかないくらいの大きさですもんね!ちなみに今は供給面などはどうしてるんですか?

 

Pat_ChelseaCraftBrewingCompany

ニューヨーク近郊はユニオンビールを使っている。ユニオンビールはおそらくクラフトビールのディストリビューションではここらへんでは最大かな。

はははっ!設備もとりあえず見せてやるよ!

 

Akira_CowboyCraft

うわぁ!ありがとうございます!

 

Pat_ChelseaCraftBrewingCompany

この真新しい設備はクーリングもヒーティングの両システムももちろん搭載されている。1回で24,000パウンド、120ケグ分の生産が可能だ!

 

Akira_CowboyCraft

ふむふむ。かなりデカイっすね。ところで他の国に輸出とかしたことあるんですか?

 

Pat_ChelseaCraftBrewingCompany

まだないな!俺のパートナーみたいなやつが韓国にいるんだがお前のことを話したら是非協力したいって言ってたぜ!海外展開にも向けても缶製品は早く発売してぇな!

 

Akira_CowboyCraft

それは心強いですね!・・・にしてもすごい大きい設備です、、、。(パートナーみたいなやつ?)

 

Pat_ChelseaCraftBrewingCompany

今はニューヨーク市内、マンハッタン区、ブルックリン区、クイーンズ区、ブロンクス区、スタテンアイランド区、ロングアイランド、ウエストチェスター、ニューヨーク北部に卸している。

今後、新たに12機のファーメンターも増設する予定だからキャパはまだまだ広がるぜ!

 

Akira_CowboyCraft

さらに大きくなるんですね!

 

Pat_ChelseaCraftBrewingCompany

大きくなったってこだわりはそのままさ!バーレイ&ウィートしか使わない。コーンとライスは使わないのさ。

バドワイザーは原料にライスがメインで使われている。日本人はお米好きで有名なのは知ってるが、ことクラフトビールに関してはライスが一番の材料とは俺は思わないのさ。

まぁこっちに来て俺のおすすめビール達を飲んでみろ。

 

Akira_CowboyCraft

え、いいんですか?!いや、何かすみません!ありがとうございます!

 

 

次回ブログにて、Part2:朝っぱらからベロベロテイスティングよりお届けします!



コメントする

コメントはすぐに反映されます。


Blog内のブログ

クラフトビール ニューヨーク アザーハーフ
ブルワリー訪問ブログ Vol.8-2 in ニューヨーク:Other Half Brewing

2020年7月27日

ニューヨーク、ブルックリンの代表ブルワリー、アザーハーフにまたまた行ってきました!アザーハーフへは東京駅から12時間55分で行くことが出来ます!DDH(ダブルドライホップ)を堪能!気になるアザーハーフの設備も大公開です!

さらに見る

クラフトビール 醸造設備 スパイク
【スパイク】1 BBLターンキー解説ブログ!!/Spike Brewing 1 BBL Nano Pilot Brewing System

2020年7月19日

Blichmannの革新性やホームブルワーの心をくすぐるSSBのプロ志向性といった華やかさはないが、Spikeのモノづくりはどこまでもユーザー目線に立った質実剛健かつ実用的なもの。今回はその詳細に迫る!!

さらに見る

溶存酸素 カニング 缶詰め クラフトビール
【図解】今話題の溶存酸素とは/What's All The Fuss About Dissolved Oxygen

2020年5月26日

ビールが一つの容器から他の容器に移動する際には必ず酸素と接します。この溶存酸素量はクラフトビールの品質に直結するブルワリーには決して無視してはいけない指標です。今回はそんなDOについて図解で学んでみましょう!

さらに見る