【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:CENTENNIAL IPA

2016年9月28日

【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:CENTENNIAL IPA

CENTENNIAL IPA

ABV:7.2%

IBU:65

製造元: Founders Brewing Co

産地:ミシガン州

*Alcohol By Volume/アルコール度数

*International Bitterness Units/国際苦味単位

今回はこちらのクラフトビールを飲んでみました!

ファンダ―ズブリューイングはアメリカでも多くの賞を総なめにしているミシガン州で有名なクラフトビールブルワリー!

2016年よりなんと日本へ上陸します!

私共で輸入しているわけではないのですが、日本で美味しいアメリカのクラフトビールがまた新たに一種飲めるようになるって何かいいですね!

アメリカでも大人気のクラフトビール評価アプリでも高得点をたたき出しまくってるだけに、日本でも*ビアギークの間で大きな話題を呼びそうです。

*クラフトビールに詳しい方々

何度も倒産の危機にさらされた話などでも有名なこのブルワリーですが、何といっても『Brewed for us』の精神がこのブルワリーの大きな特徴の一つ。

誰かを意識したクラフトビール造りで痛い目を見てきた。これからは俺達自身のためにクラフトビールを造ってやる!

という中二病にも似た不屈の決意で一気に経営も好転させます!

アメリカ クラフトビール おすすめ

ラベル&キャップ:

ギリシャ神話に出てくるような天使がTとNの文字を持ち上げている。

何か意味があるのだろうか。

見た目の色:

オレンジ色にも近い赤褐色。にごり気味。

飲んだ感想:

グラスに注いだ段階で柑橘系の香りがフワーっと漂います。口に含むと舌触りがとても滑らかで甘味がほんのり鼻から抜けます。

その後、だんだんとホップの苦味が口全体に広がりほんのりした甘味からほどよい苦味へ。

とても飲みやすくバランスのとれた昔ながらのIPAといったところでしょうか。

『友達が誇らしげに飲むようなIPAを作ろう』というブルワーの思いも込められているおすすめのIPAです!

その他アメリカのクラフトビールに関するブログも是非読んでみて下さい!




コメントする

コメントはすぐに反映されます。


Blog内のブログ

クラフトビール ニューヨーク アザーハーフ
ブルワリー訪問ブログ Vol.8-2 in ニューヨーク:Other Half Brewing

2020年7月27日

ニューヨーク、ブルックリンの代表ブルワリー、アザーハーフにまたまた行ってきました!アザーハーフへは東京駅から12時間55分で行くことが出来ます!DDH(ダブルドライホップ)を堪能!気になるアザーハーフの設備も大公開です!

さらに見る

クラフトビール 醸造設備 スパイク
【スパイク】1 BBLターンキー解説ブログ!!/Spike Brewing 1 BBL Nano Pilot Brewing System

2020年7月19日

Blichmannの革新性やホームブルワーの心をくすぐるSSBのプロ志向性といった華やかさはないが、Spikeのモノづくりはどこまでもユーザー目線に立った質実剛健かつ実用的なもの。今回はその詳細に迫る!!

さらに見る

溶存酸素 カニング 缶詰め クラフトビール
【図解】今話題の溶存酸素とは/What's All The Fuss About Dissolved Oxygen

2020年5月26日

ビールが一つの容器から他の容器に移動する際には必ず酸素と接します。この溶存酸素量はクラフトビールの品質に直結するブルワリーには決して無視してはいけない指標です。今回はそんなDOについて図解で学んでみましょう!

さらに見る