【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:HUMBOLDT BROWN (HEMP ALE)

2016年9月03日

【アメリカのオススメクラフトビールレポート】:HUMBOLDT BROWN (HEMP ALE)

HUMBOLDT BROWN (HEMP ALE)

ABV5.7%

IBU32

製造元:Humboldt Brewing Company

産地:カリフォルニア州

*Alcohol By Volume/アルコール度数

*International Bitterness Units/国際苦味単位

カリフォルニアは今日もいい天気。

相変わらず水不足は深刻で先月も水使い過ぎのペナルティー通知が届きました。

どうも。カウボーイクラフトの眞壁です。

大自然豊かなことで有名なフンボルト地方(Humboldt County)より個性豊かなクラフトビールをご紹介します!

その名もHumboldt Brewing Company(フンボルトブリューイングカンパニー)!

アメリカカリフォルニア州北部海岸、サンフランシスコ市からは北に約200マイル (320 km) に位置するフンボルト郡。

カリフォルニア州では2番目に大きな自然の湾であるフンボルト湾に隣接していることでも有名です

「フンボルト湾」写真引用:https://en.wikipedia.org/wiki/Humboldt_Bay

他にも公有私有合わせて150万エーカー (6,000 km2) 近い莫大な広さの森林があり要するにとっても緑豊かな土地なのである。

そんなフンボルト群レッドウッズで1987年、マイクロブルワリーとして誕生したこのブルワリー。アメリカのクラフトビールムーブメントでは初期に誕生したマイクロブルワリーの1つ。

フンボルトの大自然への感謝の気持ちを自身のホームページでも謳っており、「自分も生き、他も生かせ:Live and let live」や、「Go グリーン活動:Going Green」が法律のようなフンボルト地域に根付く企業として、環境への配慮も徹底して行っているとのこと。

クラフトビール造っている人達基本的に環境に優しい人ばっかりですね!

クラフトビール ブログ アメリカ

クラフトビール ブログ アメリカ

キャップ

大自然を悠々と飛ぶハチドリ

見た目の色:

焦げ茶色

飲んだ感想:

ローストされた麦芽の香ばしい匂いの中にもほんのりと甘さが漂いとってもいい匂い。入念に嗅ぎ続けるとホッピーな香りも同時にちょっとだけ感じられます。

味わいはいい意味で期待通りのアメリカンブラウンエールスタイルのビールの味わいといったところで。香ばしいモルトの味がしっかりとします。

濃厚で舌触りの滑らかさも印象的。トーストされたHemp seeds(麻の種)も入っていて味わいにちょっとしたアクセントも加えています。ちょっとユニークなブラウンエールを飲みたい時にはもってこいのオススメのビール!

フンボルトの大自然を思い描きながらグイっといっちゃって下さい!サイトには通販機能もあり、グッズなどの販売をも自社で行っています。

その他アメリカのクラフトビールに関するブログも是非読んでみて下さい!




コメントする

コメントはすぐに反映されます。


Blog内のブログ

クラフトビール ニューヨーク アザーハーフ
ブルワリー訪問ブログ Vol.8-2 in ニューヨーク:Other Half Brewing

2020年7月27日

ニューヨーク、ブルックリンの代表ブルワリー、アザーハーフにまたまた行ってきました!アザーハーフへは東京駅から12時間55分で行くことが出来ます!DDH(ダブルドライホップ)を堪能!気になるアザーハーフの設備も大公開です!

さらに見る

クラフトビール 醸造設備 スパイク
【スパイク】1 BBLターンキー解説ブログ!!/Spike Brewing 1 BBL Nano Pilot Brewing System

2020年7月19日

Blichmannの革新性やホームブルワーの心をくすぐるSSBのプロ志向性といった華やかさはないが、Spikeのモノづくりはどこまでもユーザー目線に立った質実剛健かつ実用的なもの。今回はその詳細に迫る!!

さらに見る

溶存酸素 カニング 缶詰め クラフトビール
【図解】今話題の溶存酸素とは/What's All The Fuss About Dissolved Oxygen

2020年5月26日

ビールが一つの容器から他の容器に移動する際には必ず酸素と接します。この溶存酸素量はクラフトビールの品質に直結するブルワリーには決して無視してはいけない指標です。今回はそんなDOについて図解で学んでみましょう!

さらに見る