アメリカのクラフトビール事情:IPAって何で人気なの?

2016年8月22日

アメリカのクラフトビール事情:IPAって何で人気なの?

アメリカのクラフトビール事情、IPAって何で人気なの?

カウボーイクラフトの眞壁です。

「また性懲りもなく昼間からビール飲み歩いてやがるのか。」と思ったあなた。

残念ながら今日は違います。

たまにはシリコンバレーの住人らしくパソコンに向かってカタカタする日だってあるんです。

エンジニアじゃないんでパソコンはウィンドウズですけどね!

IPA 人気 クラフトビール

って結局飲んでるじゃねーか。

・・・性懲りもなくハミタージブルワリー(Hermitage Brewery)のシングルホップIPAシリーズの新商品に呼ばれておりました。

現在AM:11:20

ハミタージブルワリーの訪問ブログはコチラ

「おいビールクズ、シングルホップIPAシリーズってなんぞや?」と思ったあなた、安心して下さい、説明しますよ。(ヘイっ♪)

そもそも世間を騒がせている人気クラフトビールスタイルのIPA-アイ・ピー・エー(India Pale Ale)とはホップの量がベラボーに多く使われた苦味がぶっ飛んでいるビールスタイルの名称です

インディア(India)という名前が使われているには理由があり、昔イギリスからインドにビールを輸送する際、長い航路の途中ビールが腐っちゃうことがよくありました。

そりゃ腐ったクラフトビールを前にした当時のインドの人達はブチ切れ。

「ナン(何)だこれ?!」とかつまんないギャグを飛ばす余裕もなく早急な打開策を求めます。

そして、ホップには防腐作用があることに気付き、投入しまくったところ無事腐らせずにインドまで輸入することが出来るようになりました!

そんでもって味も美味しいってことがIPAのはじまりと言われています。

IPA 人気 クラフトビール

ローソンで買える身近なIPA、ヤッホーブルーイングさんの「インドの青鬼」というネーミングにもこれで納得ですね。

そして、本題のシングルホップIPAとは数あるホップの種類の中から一種類のホップのみを使用したIPAの総称で、純粋にホップの違いだけを楽しむことの出来るマニアにはたまらない次のステージのIPAの楽しみ方なのである。

そう、まさに今日言及したいのは今、クラフトビールブーム業界を世界で牽引していると言っても過言ではないこのIPA(アイ・ピー・エー)。

誰もがおすすめするこのビールスタイル。一体何故人気なのかをアメリカでの考察も引用しながら徒然なるままに書いていこうと思います。

シングルホップシリーズ ハミタージブルーイング

単純に美味い説

もうこれは当たり前なのですが無視できない項目。そう、単純に美味いのである。

グレープフルーツのような柑橘系の香りに満たされ、ちょっと酸味も感じられる。そして強烈なホップの苦味。この味を好きな人が多いのである。もはやそれだけの話なのかもしれない。(オイッ!)

ホップが多くないペール・エールが様々な料理と相性が抜群のようにインディア・ペール・エールもその性質を有している。

メリカでよく食べられるピザやサンドウィッチなどとも相性がいいということも人気の理由だと言われている

が、試してみたもの濃い味と苦味って個人的には「ん~・・・。」って感じでした。人それぞれ好みはあるので頭でっかちにならないようご参考までに。

IPAには集客力が異様にある説

IPAが人気という理由でIPAを醸造するブルワーも増えてきているとのこと。

この説にはあのブルックリンブルワリーのブルーマスターであるガレット・オリバー氏(Garrett Oliver)の発言も大きな影響を与えている。

写真引用:https://www.youtube.com/watch?v=e-r14KreGV8

『IPAのないバーやレストランは不利になっていくだろう。それ程に人々のホッピーな味わいや強いアロマへの需要は高まってきている。』

あのブルックリンブルワリーのブルーマスターにこんなこと言われちゃIPA造る人も増えるわけですね。

オリバ氏は続けます、『最近ではブラックIPAという商品も出回っている。IPA”P”はペール=淡色という意味なのでもはや意味不明である。しかし、同時にそれ程IPAのマーケティング力が強いことを表しているのだ。』

香りがあまりしないものよりも、強い香りのビールの方が好まれる風潮があるという。

大手の量産型で香りが少ないビールしか知らなかった人達が、規格外のビールに出会ったことへの"反動"で進歩していったのがアメリカのクラフトビール文化という説もあり、その中でもIPAは他のスタイルと比べると突出して香りが高く、大手のビールに囲われていた人々をより強く引きつけているのだという説も有力である。

IPA 人気 クラフトビール

IPAの次のブームはサワービールだと言われてからアメリカでは4年以上もの月日が流れています。

このIPAの大ブームで苦味やホッピーなテイストを知った人々の*味蕾は、次は一体どんな味のクラフトビールを求めるのでしょうか。これからもますます目が離せませんね!

*味蕾:舌や軟口蓋にある食べ物の味を感じる小さな器官。

参考「Business InsiderHere's why IPAs are so ridiculously popular(IPAが人気の理由)




コメントする

コメントはすぐに反映されます。


Blog内のブログ

アメリカ製クラフトビール製缶ライン【Wild Goose Canning】の技術大公開!
アメリカ製クラフトビール製缶ライン【Wild Goose Canning】の技術大公開!

2018年11月23日

アメリカで多くのクラフトビールブルワリーから厚い信頼を得るWild Goose Canningの製缶技術のノウハウを徹底解析!缶への広がりを見せるクラフトビール市場の強い味方になること間違いなし!

さらに見る

Japanese Craft Beer
ジェトロ主催!日本のクラフトビールのアメリカ進出支援イベントに行ってきました!in サンフランシスコ

2018年10月21日

ジェトロ主催!日本のクラフトビールのアメリカ進出支援イベントに行ってきました!ヤッホーブルーイングやファーイーストブルーイングなど日本でも人気のクラフトビールも参戦!

さらに見る

Bacon and Beer Classic
ベーコンとクラフトビールの祭りに行ってみた!/Bacon and Beer Classic

2018年10月05日

アメリカで絶大な市民権を獲得するベーコンとクラフトビール!その2つを浴びる程楽しめるクラフトビールイベントに行ってきました!その名も「Bacon and Beer Classic」!

さらに見る