クラフトビール取扱いバー訪問ブログ Vol.1 in カリフォルニア:Caps & Taps

2016年4月27日

クラフトビール取扱いバー訪問ブログ Vol.1 in カリフォルニア:Caps & Taps

Caps & Taps

address 6601 Dublin Blvd., Suite M Dublin, CA 94568
access
website http://capsandtapsdublin.com/
business hours

日曜~木曜:12:00pm~23:00pm

金曜~土曜:12:00pm~深夜

※各SNSではここで紹介しきれなかった写真もいっぱいアップしてますので是非チェックしてみて下さい!
アメリカのクラフトビールの最新情報も随時更新しています!

サンノゼから車で40分、Altamont Passという風力発電用の巨大風車を見に行く途中ちょっと寄り道。

 

「最高級でいて最新のクラフトビールセレクションをご提供します」とホームページで謳うこのバー。

クラフトビール取扱いバー訪問ブログ caps & taps

もうこれはどう考えても行くしかない。風車とかよく考えたらどうでもいい。

 

さらに「本物のアメリカのクラフトビールマニアの知識をお届け」、「地元のクラフトビールタップ18種類ご用意」など、入店前からすでに120点のこのバー。

 

というわけでブルワリーだけでなくアメリカのクラフトビールを専門的に扱うバーも紹介していこうと思います。

クラフトビール取扱いバー訪問ブログ caps & taps

クラフトビール取扱いバー訪問ブログ caps & taps

開放的な店内にはクラフトビールを片手にカードゲームを楽しむ客や、育児の合間にちょっと一杯のご婦人など個性的な時間がゆっくりと流れている。

 

テーブルやカウンターは全て木製で温もり溢れる空間。

クラフトビール取扱いバー訪問ブログ caps & taps

壁には各ビールメーカーのロゴがぎっしり。

 

そして18種類のタップのメニューがぎっしり。全種類制覇は流石に困難なので慎重に選びます。

クラフトビール取扱いバー訪問ブログ caps & taps

左から

  • Cucumber Liner 4.5% by Tool Box

  • Maui Waui IPA 6.5% by Altamont

  • Luponic Distortion IPA 5.9% by Firestone Walker

  • Little Quibble SAISON 4.8% by Sante Adairius

  • Monstra Mocha Stout 5.1% by Abnormal

 

店員のAlexさんにインタビュー♪

Akira_CowboyCraft

こんちは!ホームページを見て来ました!そしてビールもおいしく頂いてます♪いやぁ~でも本当に種類が豊富で何注文しようか迷いましたよ!18種類を前にすると流石に考えさせられますね。

caps_taps

ははっ!そう言ってくれると嬉しいよ!楽しんでいただけて何よりだ!

Akira_CowboyCraft

お忙しそうなのでサクッといくつか聞かせて下さい。やはり何といっても他のバーとの違いはその種類の豊富さでしょうか?

caps_taps

そうだな。やはりそこはかなりうちの自慢でもある。ルーティンタップハンドルシステムだから同じ内容のタップで週を跨ぐことはまずない。毎日といっていいほど入れ替わる。

Akira_CowboyCraft

ご近所さんにとったらたまらないですね。

caps_taps

あとは自社でディストリビューター(ロジスティック)を持たない小さなブルワリーにも俺たちが直接ケグを買い付けピックアップしに行く!

 

しかも当日に詰めたケグをね!これ以上にフレッシュなものはない。

Akira_CowboyCraft

それはそうですね!まるで日本の鮮魚店の大将だ。笑

クラフトビール取扱いバー訪問ブログ caps & taps

caps_taps

あとは何といってもこの冷蔵倉庫だな。アメリカ広しと言えど、普通のバーにはここまでの冷却施設はまずない。

知っていると思うがクラフトビールにおいて温度管理はものすごく重要な要素の1つ。ここの客も目を光らせている。

 

Akira_CowboyCraft

確かに。もう軽いプレハブ冷蔵庫ですもんね。最後に日本のビールについてはどう思いますか?

caps_taps

・・・まぁ、好きかな。

Akira_CowboyCraft

・・・ありがとうございました!

クラフトビール取扱いバー訪問ブログ caps & taps

まとめ

近所に住んでいたら毎日足しげく通いたくなるようなバー。

 

お客さんの中には常連客も多く、店全体で会話するといったアメリカならではの一体感。もちろん初めての方も温かく迎えてくれる雰囲気だ。

 

18種類のタップ常備で提供されるクラフトビールには地元のものから大御所のものまで幅広く揃っている。

ローカル思考の強い小さなブルワリーにも自らピックアップに行っちゃうほど置くビールにはこだわっている。

 

お店の方のビールの知識はホームページで謳うだけあり、えげつないくらいめちゃめちゃ深い。日々最新のアメリカンクラフトビール情報を浴びているのだとか。

 

ビール好きなら何時間いても飽きない空間である。

 

その他アメリカのクラフトビールに関するブログも是非読んでみて下さい!



コメントする

コメントはすぐに反映されます。


Blog内のブログ

アメリカ製クラフトビール製缶ライン【Wild Goose Canning】の技術大公開!
アメリカ製クラフトビール製缶ライン【Wild Goose Canning】の技術大公開!

2018年11月23日

アメリカで多くのクラフトビールブルワリーから厚い信頼を得るWild Goose Canningの製缶技術のノウハウを徹底解析!缶への広がりを見せるクラフトビール市場の強い味方になること間違いなし!

さらに見る

Japanese Craft Beer
ジェトロ主催!日本のクラフトビールのアメリカ進出支援イベントに行ってきました!in サンフランシスコ

2018年10月21日

ジェトロ主催!日本のクラフトビールのアメリカ進出支援イベントに行ってきました!ヤッホーブルーイングやファーイーストブルーイングなど日本でも人気のクラフトビールも参戦!

さらに見る

Bacon and Beer Classic
ベーコンとクラフトビールの祭りに行ってみた!/Bacon and Beer Classic

2018年10月05日

アメリカで絶大な市民権を獲得するベーコンとクラフトビール!その2つを浴びる程楽しめるクラフトビールイベントに行ってきました!その名も「Bacon and Beer Classic」!

さらに見る