Shopping Cart

ブルワリー訪問ブログ Vol.4 in ニューヨーク:Rockaway Brewing Company

Posted by Akira Makabe on

ブルワリー訪問ブログ Vol.4 in ニューヨーク:Rockaway Brewing Company

ROCKAWAY BREWING COMPANY

address 46-01 5th Street, Long Island City Queens, NY, 11101
access Vernon Boulevard – Jackson Avenue (地下鉄7番線)
website http://rockawaybrewco.com/
business hours

月曜:17:00-21:00

火曜:休み

水曜:17:00-21:00

木曜:15:00-21:00

金曜:15:00-22:00

土曜:12:00-24:00

日曜:12:00-21:00

※各SNSではここで紹介しきれなかった写真もいっぱいアップしてますので是非チェックしてみて下さい!

 

アメリカのクラフトビールの最新情報も随時更新しています!

ニューヨークのマイクロブルワリー巡り3件目はここ、ROCK AWAY BREWING COMPANY

 

2件目のブルワリーとして紹介したBig Alice Brewingの徒歩圏内にあります。

 

同盟関係にあるのか前回紹介したこのリーフレットにも載っています(右から2つ目)

ロックアウェイブリューイングカンパニー

Vernon Boulevard – Jackson Avenue駅を出ると何やらオシャレな街並みが広がっています。

 

教会みたいな建物はまさに教会で、St. Mary's Roman Catholic Churchという教会。

 

いちいち絵になる街並みがニューヨークの1つの魅力でもあります。

ロックアウェイブリューイングカンパニー

駅を出て歩くこと数分。真っ赤な入口を発見!めっちゃ目立ってる。

 

レンガの壁にもふんだんに絵がかかれていてもはや外観からすでにブルワリー離れした異世界の雰囲気が感じられます。

 

こちらもまた歴史が感じられる建物です。

ロックアウェイブリューイングカンパニー

とてもブルワリーとは思えない、まるで子供向けの絵本屋さんかのようなピースフルで幸せいっぱいのほのぼの壁画。

 

前を通っただけではここがブルワリーであることはまず想定不可能であろう。入口の横には出荷を控えたビールケグが山積み。

 

真っ赤なドアには営業時間がペタ!シンプルなのですがなぜかカッコよく見えますよね!

 

微妙に営業時間が違うのは何かきっと意味があるはず。ニューヨークっぽいっすね!外観のレポートがいつも無駄に細かくてすみません!

ロックアウェイブリューイングカンパニー

中に入るとこそこは外壁の絵からは遠く似つかないシュールな大人の空間。

 

歴史的と言うよりはモダンアートの世界観。丁度その日はブルワリーツアーの日だったので、入店時にはまさにスタッフによるアナウンスが始まったところ。

 

そこにはスタッフを見つめ「あれ、絵本は?」と言わんばかりの1人の少女。

 

この子の将来が楽しみです。

ロックアウェイブリューイングカンパニー

スタッフによる丁寧なブルワリーツアー。

 

実際に使っているホップや酵母、設備、ニューヨークのクラフトビールの歴史の説明など実際に触ることのできる距離で行われ、とても充実していました。

 

ツアー日程をチェックしてからご来店されるのがおすすめです!(ビデオにおさめたのですがまだ編集中のため後日UPします!)

ロックアウェイブリューイングカンパニー

ブルワリーと店内を隔てるドアは半壊状態ですが、ここはニューヨーク。

 

半壊したドアですらモダンアートに映ります。

 

ドアの上のサインは「NOW BREWING」だったらもっと良かったのにな!十分カッコいいですが。

 

ツアー後、ようやくテイスティングセットを注文。ちなみに写真のポテトチップスは食べ放題です!地味に嬉しい。

左から・・・

  • ORIGINAL ESB 6.4%

  • BEACH HEAD 4.7%

  • 1875 PALE ALE 6%

  • ROBUST PORTER 7.3%

ロックアウェイブリューイングカンパニー

これで7$とはかなりリーズナブル。

 

やはりブルワリーツアーの直後に色々と背景を知ってから飲むクラフトビールの味は格別です。どのクラフトビールも本当においしい!

Akira_CowboyCraft
どれも本当においしいです!ブルワリーツアーも本当に面白かったです♪そもそも、クラフトビールを造ろうと思ったきっかけは何だったんですか?

 

rockaway
最初はまぁ、趣味として造ってたわけよ。
Akira_CowboyCraft
なるほどね!販売したりもしていたんですか?
rockaway
趣味ながらも販売はしていたが、結局ホームブリューの設備代とかもろもろ入れたら利益なんてこれっぽっちも残らなかったな。
Akira_CowboyCraft
(きっとすごい苦労した時期があったに違いない)
rockaway
でも飲んでくれる周りのみんなが俺のビールをすごく気に入ってくれてな!SNSとかでもバンバンシェアしてくれて俺も本格的にビジネスにしてみようっと思ったのさ!
Akira_CowboyCraft
趣味の領域を超えたわけですね!ファンの後押しで一歩踏み出す。何かいいですね!
rockaway
広さだって最初はこのタップルームのスペースだけだったんだぜ?今ではブルワリーを隣の部屋に増設出来てるけどな!あとは俺達スタッフのみんなはビールがマジで好きだったってことも始めた理由としてあるかな!色々な物を使って試行錯誤してビールを造るのが心の底から大好きなんだ。
Akira_CowboyCraft
そうだったんですね!いあやぁ~やっぱりマイクロブルワリー程、設立の裏には歴史がありますね!
rockaway
ははっ!ありがとよ!

Akira_CowboyCraft
ちなみに日本のビールについてどう思いますか?

rockaway
日本のメジャーなメーカーの名前をいくつか言ってみてくれるか?

Akira_CowboyCraft
サッポロ、アサヒ、キリン、サントリーが大きな会社としてはありますね!

rockaway
サッポロは飲んだことあるな!普通に美味しかったよ。軽くて飲みやすい。あとはよく日本食に合う印象かな。正直言えばあんまり俺の記憶に残る味ではなかったかな。俺達はなんせエールビールをよく造ってるからなぁ。でももっと色んな日本のビールを飲んでみたいとはいつも思ってるぜ!

Akira_CowboyCraft
ありがとうございます!いつか日本からも輸出出来たらと思っています!その時はまた連絡しますね!

ロックアウェイブリューイングカンパニー

まとめ

趣味から始めてマイクロブルワリーを起業する人が多いと言われるアメリカだが、ニューヨークでここまで成功する例も稀であろう。

 

設立の経緯やブルワリーツアーを体験してから実際に味わうビールは本当に何とも言えない深みがある。

 

利益と経費が相殺される中でも造り続けた力強さとあくなきビールへの探求心が成功を呼んだに違いない。

 

外観の絵本屋さんみたいな絵からは想像もつかないくらいのドラマがここにはつまっている!


Older Post Newer Post


0 comments


Leave a comment

Please note, comments must be approved before they are published