ブルワリー訪問ブログ Vol.20 in カリフォルニアRedwood Coast Cider

2017年3月20日

ブルワリー訪問ブログ Vol.20 in カリフォルニアRedwood Coast Cider

REDWOOD COAST CIDER

address 821 Cherry Ln, San Carlos, CA 94070
access San Carlos駅下車徒歩9分(サンフランシスコ空港より車で約40分)
website http://www.redwoodcoastcider.com/
business hours

火曜~木曜:15:30pm~20:00pm

金曜:15:30pm~23:00pm

土曜:13:00pm~23:00pm

※各SNSではここで紹介しきれなかった写真もいっぱいアップしてますので是非チェックしてみて下さい!
アメリカのクラフトビールの最新情報も随時更新しています!

いきなりですが皆さん「サイダー」と聞いて何が頭に浮かぶでしょうか?

自分は小さい頃よく飲んだ三◯矢サイダーとか、とにかく炭酸系のソフトドリンクが頭に浮かびます。

 

しかし、アメリカ、特に自分の住んでいるカリフォルニア州でサイダーというとそれは炭酸アルコール飲料を指します。

 

「じゃあ三◯矢サイダーとかの炭酸ソフトドリンクは何て呼ぶんですか?」

 

ここでは"ソーダ"って呼ばれています。

・・・英語ってややこしいですね。

さらにこれはアメリカの地方によっても呼び方が若干違うようなのであくまでご参考までに。

さて、クラフトビールと並行してアルコールサイダーもとっても盛んなアメリカ!

今回はそんなサイダーを専門に造り、取り扱っている"RED WOOD COAST CIDER"のオーナー!ゲーブ・ルーカス(Gabe Lucas)さんとお話してきました!

もうルーカスって名前からなんかお洒落なアルコール作ってそうですね!

~その前に軽くサイダーについておさらい~

リンゴジュースを発酵させてつくる発泡酒。日本では仏名でのシードルとして親しまれている。りんごを熟成させプレス機にかけ果汁を絞りその後、果汁を時間をかけて発酵させます。果汁の糖分がアルコールに変化し発酵を起こしやがては糖分がアルコールと炭酸ガスに変化してサイダーができあがります。発酵・熟成期間は3~4ヶ月程必要です。

Redwood coast cider アメリカ クラフトビール

サイダー クラフトビール アメリカ

Akira_CowboyCraft

こんにちは!!サイダー専門のタップルームなんて初めてです!めっちゃいい匂いですね!

 

Gabe_RedwoodCoastCider

確かに専門でやってるとこはそんなにたくさんはないかもな!

 

Akira_CowboyCraft

ルーカスさんとサイダーの出会いって何だったんですか?

 

Gabe_RedwoodCoastCider

イギリスだ。若い時イギリスに行ったんだが美味いサイダーがビックリするくらいリーズナブルな価格で売られていたんだ。何てったって3 Lのボトルでたったの$7(約790円)だったからな!ハハハっ!

 

Akira_CowboyCraft

ビールから話題が離れると正直あんまり相場観がわからないのですが、3 Lのお酒が800円くらいってまぁ確かに手が届きやすいですね。イギリスのどちらにいたんすか?

Gabe_RedwoodCoastCider

6週間かけてイギリスの全土を旅して回っていたんだ。各地方で必ずサイダーを飲んでいた。どんどんのめり込んでいって、その時には自分はもうサイダーの道を歩むって決めていたな。

サイダー クラフトビール アメリカ

サイダー クラフトビール アメリカ

Akira_CowboyCraft

イギリスってなんかこう、そーゆうところありますよね。人の人生に土足で入ってくるっていうか。価値観を根底から変えてしまう不思議な力がなんかあの国にはある気がします。行ったことないんですけどね。

 

Gabe_RedwoodCoastCider

何となく言わんとしてることはわかるよ。

 

Akira_CowboyCraft

規模感とか全く見当つかないのですが、月にどのくらい造っているんですか?

 

Gabe_RedwoodCoastCider

ん~だいたい900ガロン(約3,400リットル)くらいかな。ケグでももちろん販売しているがセルフディストリビューション(自社配達)でやっているよ。この中の店舗だったらタップで俺達のサイダーが飲めるぞ!

 

ベイエリアでの取扱い店舗情報はコチラ

Akira_CowboyCraft

今度飲んでみます!Redwood Coast Ciderの最大の売りってなんですか?

Gabe_RedwoodCoastCider

もちろん鮮度にこだわったオーガニックのリンゴかな。自分達で運転してサクラメントのリンゴ畑まで行き納得したものだけを使うようにしている。あとはホームブルーイング上がりな俺達は何年も前から研究しながらサイダーを造っていた経験が大きいと最近感じるな。その頃から周りからはよく売ってくれってせびられてたよ。 違法行為はしたくなかったから売り始められるようになるのが待ち遠しかったな!

 

サイダー クラフトビール アメリカ

サイダー クラフトビール アメリカ

Akira_CowboyCraft

ホームブルーで造ってる時から大人気だったんですね!一緒に食べるオススメの物とかもあったりするんですか?

 

Gabe_RedwoodCoastCider

盛り付けにリンゴのスライスが使われるような料理あるだろ?それには基本的に相性抜群だぜ!あとは白ワインが合うような食べ物には基本的にマッチするかな。魚はもちろん鶏肉や豚肉にもよく合う。ビーフは個人的にはあまりオススメしないって感じかな。後はスパイシーなメキシコ料理ともめちゃめちゃ合う。辛味を和らげるだけでなくリンゴの風味とのコントラストがたまらなくなるぞ。

 

Akira_CowboyCraft

カリフォルニアはメキシカンフードの宝庫なのでマーケット的にもマッチしているわけですね!最後に何か日本の旅行者に向けたメッセージなどありますか?

Gabe_RedwoodCoastCider

ハハハッ!とにかくまずは来てみてくれ!空港からも近いしな!サイダーについて色々話ができるのを楽しみに待ってるよ!

 

Akira_CowboyCraft

ありがとうございます!今度メキシカンフードを持ってまた来ます!

 

<p><span>イギリスだ。若い時イギリスに行ったんだが美味いサイダーがビックリするくらいリーズナブルな価格で売られていたんだ。何てったって3 Lのボトルでたったの$7(約790円)だったからな!ハハハっ!</span></p> <p><span>[balloon name="Akira_CowboyCraft"]ビールから話題が離れると正直あんまり相場観がわからないのですが、3 Lのお酒が800円くらいってまぁ確かに手が届きやすいですね。イギリスのどちらにいたんすか?</p></div></div></div>  <!--吹き出し終わり--></span></p> <p><span>6週間かけてイギリスの全土を旅して回っていたんだ。各地方で必ずサイダーを飲んでいた。どんどんのめり込んでいって、その時には自分はもうサイダーの道を歩むって決めていたな。</span></p>

サイダー クラフトビール アメリカ

まとめ

恥ずかしながら初めてサイダー(シードル)という文化にしっかり触れた気がします。

ワインと同じで原料に含まれる糖が発酵する単発酵酒。

日本ではシードルと呼ばれることの方が多い模様。最近はグルテンフリーのアルコール飲料として脚光を浴びているとか。

とにかく飲みやすいのが印象的。

個人的にはカナダで飲んだアイスワインを思い出しました。

梅酒や杏露酒やチューハイなど人気が高い日本なのでいつか大きなブームが来るかもしれませんね!

サンフランシスコ空港からも近いので是非本格的なサイダーを飲みに行ってみて下さい!



コメントする

コメントはすぐに反映されます。


Blog内のブログ

アメリカ製クラフトビール製缶ライン【Wild Goose Canning】の技術大公開!
アメリカ製クラフトビール製缶ライン【Wild Goose Canning】の技術大公開!

2018年11月23日

アメリカで多くのクラフトビールブルワリーから厚い信頼を得るWild Goose Canningの製缶技術のノウハウを徹底解析!缶への広がりを見せるクラフトビール市場の強い味方になること間違いなし!

さらに見る

Japanese Craft Beer
ジェトロ主催!日本のクラフトビールのアメリカ進出支援イベントに行ってきました!in サンフランシスコ

2018年10月21日

ジェトロ主催!日本のクラフトビールのアメリカ進出支援イベントに行ってきました!ヤッホーブルーイングやファーイーストブルーイングなど日本でも人気のクラフトビールも参戦!

さらに見る

Bacon and Beer Classic
ベーコンとクラフトビールの祭りに行ってみた!/Bacon and Beer Classic

2018年10月05日

アメリカで絶大な市民権を獲得するベーコンとクラフトビール!その2つを浴びる程楽しめるクラフトビールイベントに行ってきました!その名も「Bacon and Beer Classic」!

さらに見る